jpg-sm
これは週末家族で行ったブッフェランチの写真で、リブ、ステーキ、チキン、えび、カニそれにアスパラガスにサラダがのっていますが、ほとんどたんぱく質系の食べ物ですね この日はたまたまお肉が食べたい気分だったのと、あとでお寿司も少し食べましたが炭水化物はいつも控え目にしています。こういう食事の後はなかなかお腹が空きません。

たんぱく質は炭水化物より消化してエネルギーになるのに時間がかかるためにいわゆる腹持ちがいいので、ダイエッターにとっては強い味方ですが、ほとんどの人はたんぱく質が十分に摂取出来てないそうです。

体重1パウンド(453グラム)に対して0.8グラムから1.1グラムのタンパク質が必要だと言われています。例えば120パウンド(約54キロ)の体重の人だと96グラムから132グラムを摂るのが望ましいのですね。大体真ん中の数値をとって114グラムを目安にするといいらしいですよ。

特に体内で作られない9種類の必須アミノ酸を含む動物たんぱく質(肉、魚、卵、牛乳など乳製品)それに豆腐や納豆は「良質たんぱく質」と呼ばれていてバランスよく必須アミノ酸が含まれているので穀類や豆類などの植物たんぱく質と合わせて積極的に摂りたいもの。

アミノ酸はたんぱく質を構成する成分ですが、摂取が不足すると筋肉が減少したり、免疫が低下したりして体力が落ちてしまいますから、ダイエット中の人ならなおさらたくさんとって健康で丈夫な体づくりをしていきたいものですね