Visit msnbc.com for breaking news, world news, and news about the economy


女性が痩せたいという願いは世界共通のようですが、痩せるだけでは骨粗しょう症になったり、筋肉減少のため新陳代謝が低下してしまうことがあるようです。

前にも述べましたが、女性は特に40歳を超えるあたりから毎年筋肉が減少してきます。これは歳をとると必然的に起こる老化なので仕方が無いと言ってしまえばそれだけなんですが、人間の体って素直なところがあって、週2回程度のダンベル運動で筋肉減少が防げるばかりか、重いダンベルで負荷を増やすことで筋肉増加が可能であるのですからぜひぜひ女性の方にもっとダンベル運動をやって欲しいなと思います。筋肉は運動していなくてもカロリーをたくさん消費するので、筋肉が多ければ多いほど、新陳代謝が高くなり太りにくいんですね。

このヴィデオではスキニーかつストロングになるためにはどうするべきかと栄養専門家がアドヴァイスしていますが、食べる量を減らしてダンベル運動をする!ことなんだそう。特に筋肉をビルドアップするためにたんぱく質が不可欠だと言っていますね。女性の場合、ボディービルダーみたいにムキムキになりたくないとダンベルを避ける人がいるようですが、それはテストステロン(男性ホルモン)量が少ない女性にはほとんど不可能なのでご心配なく。

最後にストロングテストで、プランクの姿勢を1分間保てるかどうか実際に女性がスタジオでやっていますね。30秒以下だとスキニーなだけ、30秒から60秒出来ればAlmost Strong(やや強い)。60秒以上だとStrong!なんですね。

うちのもうすぐ11歳になる娘にやらせたら30秒以下 腹筋も弱いし、バレエをやってても体が硬いのでこの一ヶ月ほど毎日夜に一緒にストレッチをやらせているのですが、少しの努力でも毎日だと実るものなんでよね。最近開脚も前より出来るようになってますし、腹筋も少しばかり強くなってきています。わたしは60秒のプランクは出来ましたが、娘と一緒にストレッチをやっているおかげで前よりも柔軟になって喜んでいます。話はそれましたが、わたしの好きなJari Loveさん(Get Ripped シリーズの創始者)の言葉で、“For every effort, there is a reward."(どんな小さな努力にも報いがある)というのがありますが、まさにその通りですね。