☆☆アメリカフィットネス最前線☆☆

モットーはBelieving is achieving. 信じれば必ずきっと達成出来る! アメリカからフィットネスと健康に関する情報、それにわたし自身が試したフィットネスDVDをご紹介したいと思います。 I believe that a good life starts with physical fitness, and my motto is "Believing is Achieving".

summer-beach

前の記事から軽く2カ月以上も更新がないにもかかわらず、みなさまからの拍手をたくさん頂いておりまして本当にありがたいと思っております 

さて、日本は桜の時期ですが、こちらでは春なのか夏なのか分からないような暖かい、いや暑い日が続いています 5月も目の前で、もうすぐ夏だなぁ〜なんてちょっぴりうきうきしていたりしますが、夏本番前に少し体重をおとしておきたいと思うのはわたしだけではないですよね。そこで、Kim Lyonsさん(元Biggest Loserのトレイナー)のブログで紹介されていた夏に向けての体の絞り方をご紹介しますね。

1.カーディオより筋力トレーニングにフォーカス。

一般的に筋力トレーニングをすると脂肪よりも4倍重い筋肉が付いて体重が増えると思いがちですが、筋力トレーニングをすることで代謝が向上して運動後も体がカロリーを燃やしやすくなります。Kimさんは運動後24時間と言っていますが、大体4〜6時間ぐらいが一般論のようです。一方、カーディオ運動後の代謝向上効果は1時間ぐらいだそうです。

2.カロリー管理。

これはもう当然のゴールデンルールですね!自分のなりたい体重(この場合はパウンドですが)かける10を目安にすることとおっしゃっています。たとえば130パウンドまで落としたいとすると一日のカロリーはその10倍の1300カロリーとなります。運動や活動量は人によって違うのでそこから自分なりに増やしたり、または減らすことも可能ですが、一日最低1200カロリーは食べること!とおっしゃてますね。

3.食べるタイミング。

一日の活動量が一番多い時間帯に炭水化物を食べて、活動量が一番少ない時に野菜、たんぱく質、体にいい脂肪分(ナッツ類、アボカド、オリーブオイルなど)をとること。これを実践するだけでもかなりの効果があるそうです。

4.パンを食べない。

アメリカで市販されているパンはジャンクなプロセスフードで絶対に避けるべき!と力説されています。うちはいつも全r粒粉のパンを買ってはいてもあまり体に良くないものがたくさん含めれていると聞きます。白米と同じでなるべくパン類は避けたほうが良いですね

5.炭水化物だけを食べない。

炭水化物を食べる時には必ず体にいい脂肪かたんぱく質も一緒に食べること。そうすることでインスリンの出すぎを防ぐことが出来ます。インスリンは体に脂肪をたくわえようとするホルモンですから、脂肪分やたんぱく質は炭水化物の消化をスローダウンさせるので、インスリンの出も緩やかになるんですね。

こうみると比較的簡単そうではあるんですが、長期で実践するとなると案外大変かなぁと思います。でも自分の経験からですが、炭水化物、特に白米やパン系を減らすと体が軽くかんじて、体調がとてもよくなると同時にお肌もいきいきしてくるんですね 6月には娘と日本にも帰省することだし、体力づくりも兼ねてがんばってこの5大ルール実践しようと思います


totally cool step 2



Christi Taylorさんのステップやエアロビクスと言えばたくさんのフアンの方がいるかと思いますが、このわたしもステップのとりこになったのはChritiさんのおかげと言っても過言でないほどかなりの影響を受けた人です。そのChristiさんの最新のステップDVD、Totally Cool Step 2です

2002年に出たTotally Cool Step(ブログ記事はこちら)の第2弾となるわけですが、9年も待たせるなんて長すぎるよ〜なんて思ったのはわたしだけではないはず!というか、第2弾なんて出るなんて思ってもなかったので、これが発売されると分かった時は本当に嬉しかったぁ 驚いたことにChristiさん、前と全く変わりなく本当にパワフルだし動きのきれもそのまんまで(ってわたしごときに言われたくはないと思いますが^^)、時間のギャップを全く感じさせないのはさすがプロ

ウォームアップとクールダウンを入れても40分弱とコンパクトにまとめられてはいますが、進行が早い分とっても中身の濃い一本です コレオはやはり上級者向けですね。かといって何度やっても出来ないというレベルでは決してないと思います。わたしはいつものとおり一通りDVDを見てある程度動きを覚えてからやってみたんですが、ほとんどファーストトライでついていけました ChristiさんのほかのDVDを何本かやったことある人なら彼女の動きの好みのパターンというのがあるので断然やりやすいと思います

ボーナスでピラティスとヨガの2本のワークアウトもついているのでお腹強化もカバー。ってまだこれはやってないんですけど

バックのエクササイザーも総入れ替えでしょうか?見覚えのある人は一人もいませんねぇ。全体に前より若い人が多いかな?

インストラクター養成に取り組まれているのでおそらくそちらでお忙しいのではないかと思いますが、これからももっともっとフィットネス魂を駆り立てる楽しいDVD出し続けて欲しいなぁ思います 




chest fly with bridge

もうすぐ一月も終わりですね。わたくしごとですが、昨年から調子が悪かった胃は結局ピロリ菌が原因だと分かりその除菌のため抗生物質を飲む治療がやっと終わったのでちょっとほっとしておりますが、まだ1カ月後に除菌確認の検査を受けるのでそれが終わるまでは安心しきれません。ピロリ菌除菌の記事はこちら

おかげさまで体調は良いので運動は続けておりますが、最近のお気に入りの運動がこれ コンパウンド運動(またはマルチマッスル運動)である、チェストフライとブリッジのコンビネーション。チェストフライは胸筋を鍛える基本の運動ですね。ひじを少しだけ曲げて関節の負担を軽減することが大切です。ブリッジはおしりをリフトしてそのままの姿勢でチェスト運動を行います。バリエーションとしてチェストフライをチェストプレスにしたり、スタビリティーボールを使ったり(下図参照)、スカルクラッシャー(下図参照)にしてもかまいません。スカルクラッシャーの場合は胸筋ではなくトライセプス(二の腕、上腕三頭筋)の引き締めに効果にある運動ですね。

chest-exercises-20

skull-crusher

この運動のなにがすごいかって、おしり、お腹、太ももの前と後ろ、胸、肩の筋肉を同時に鍛えられることですね 50回ぐらい真剣にすると次の日おしりの筋肉が痛かったです。たまにおしりを上げたままでなく、腕を前に持ってくるときにおしりを上げて、腕が横に下りる時におしりも下げる、アップダウンを付けてやってみることもありますが、これまたチャレンジングでグッドです



このビデオではスタビリティーボールを使ってするチェストフライのデモンストレーションです。これも同じ箇所の筋肉を鍛える効果がありますが、これはさらにコアの強化とコアバランスが要求されるので床でのチェストライとブリッジコンボに慣れてからトライしたい運動ですね。スタビリティーボールを使う場合は床でのチェストフライより少し軽めのダンベルを使うことをお勧めします。



StepRevolution



新年早々またQueen of Step、Rebecca さんの登場です 

昨年に発火したわたしのRebecca熱はまだまだ冷めやらずで、今回ご紹介するStep Revolutionは彼女のDVDの3本目になります。新しいDVDが届くとわくわくしてまずは通して見てみるんですが、前半はあれっ?すごい簡単だなぁ〜なんて思ってたら後半にいくにつれどんどん、強度と難度が加速していき、きゃぁ〜、やっぱりこれがRebeccaマジックよねぇ なんてやってもない段階から興奮しておりました

フィットネスインストラクターも人間ですから、こちらとの相性なんかも当然あると思いますが、わたしはRebeccaさんのスタイルが今は一番自分に合っているような気がします。ただ今までありとあらゆる人のステップエアロをこなしてきたおかげで、あっ、この動きはPatrick Goudeauさん、こっちはSeasun Ziegerさんのステップでやったなぁなんて自分がすでに習得したコレオが多くなった分、難しいと言われるAdvanced(上級者向け)レベルのステップエアロでも比較的に楽にこなせるようになったのが嬉しいですね

RebeccaさんのDVDは基本的に、2年以上の経験のあるステップエアロのインストラクター向けではありますが、ホームエクササイザーからも絶賛されており、コレオに関しても上級者向けとされていますが、彼女の素晴らしいキューイングと指導のおかげで比較的やりやすくなっているのがまたありがたいです。

このStep Revolutionですが、先回ご紹介したStep MechanicSuper Step よりも多少は強度も難度も低い気がします。ですが、コレオの斬新さや楽しさは全く変わりません!

約71分のビデオですが、今回はポップなボーカルサウンドトラックでバブル時代のディスコミュージックを彷彿させるとってもノリがよい音楽で、コレオの楽しさをさらに上乗せしてくれます 今までのDVDと同じでウォームアップ、クールダウンはなし。8つのコンボがありますが、一つ終われば次というスローアェイスタイルなのでTIFT(Take It From the Top, 頭からの通し)もなし。

前述にもありますが、前半30分ぐらいは比較的簡単なので、Rebeccaさんも言っておりますが、ブレイクダウンが少な目で通常より早い進行です。わたしが好きなのはやっぱり後半ですねぇ。 リズムチェンジが頻繁になりさらにダンシーなステップが楽しめますよ〜

(お断り: Rebeccaさんやその他のEvolution社のDVDはこちらから海外発送で購入可能です。)



gif new year

あけましておめでとうございます

昨年はたくさんの方にブログに来て頂き大変励みになりました。
本当にありがとうございます

スポーツインストラクターでもないわたしがあーだこーだと素人の考えをいろいろ綴っている稚拙なブログではありますが、好きで楽しんでやっている運動なので、その運動の楽しさが少しでも伝わればれいいなぁと思っております。

今年もみなさんにとっても健康で幸せな一年になりますように

Happy Workout!!

このページのトップヘ